本日は、障害児等療育支援事業所の保護者の方々主催の教育講演会の講師にお招きをいただきました。

2019.02.13 Wed
  • お知らせ
  • 講演会

本日は、障害児等療育支援事業所の保護者の方々主催の教育講演会の講師にお招きをいただきました。

 

保護者の方々からご要望のあった「発達障害の子どもたちの進学」と題しまして、未就学→小学校、小学校→中学校、中学校→高校という、各ライフステージ毎の保護者の方々のよくある疑問や不安にお答えをする形で講演をさせていただきました。

 

今日ご参加の方々のお子様は、まだ多くが未就学や小学生年代のお子様ですが、先を見通し、早めに準備や対応をしながら、我が子に関わっていきたいと願う保護者の方々の想いに対し、お応えをさせていただきました。

 

私も親として、保護者の方々のお子様の将来に対する不安な気持ちはとてもよく分かります。
だからこそ、講演会の前までのお子様の将来への漠然とした不安な気持ちを、先の見通しの持てる確かな検討課題へと変化させることができるよう努めました。

 

その結果、ご参加の保護者の方々も大変喜んでくださり、私としてもとても有り難く嬉しい気持ちで一杯でした。

 

実際に困ってらっしゃる保護者の方々が、少しでも子育てしやすい環境に繋がるよう、また学校や地域の中で孤立しないですむよう、これからも引き続き保護者の方々の生の声を1つずつお聞きをし、お応えをさせていただきます。

 

お招きをいただきました保護者の皆様、貴重な機会をありがとうございました。

 

 

 

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。