【通級指導教室の視察へ】

2018.06.05 Tue
  • お知らせ

福山市箕沖町にある有限会社ヨシテック様が、創業20周年を記念して、これからを生きる子ども達の為に役立てて欲しいと、福山市へ200万円のご寄付をくださり、昨年度、市内全ての小中学校の通級指導教室へタブレット端末を導入させていただきました。

 

本日は、そのタブレット端末を実際に授業で活用している様子を、ヨシテックの平井社長、三好教育長や教育委員会の方と共に、現地へ視察に行って参りました。

 

通級指導教室へのタブレット端末の導入により、アプリ等を用いた先進的で質の高い授業が展開されていました。

 

情緒学級の子どもからは「アプリで勉強できるのでとても分かりやすく、落ち着いて勉強できる。」といった声や、言語学級の子どもからは「授業中の自分の発音や口・舌の動きが、録画した動画ですぐに見れるので、発音しやすくなった。」といった声が聞けました。

 

また、担当教員からは「指導の幅が広がっている。」「教材準備の時間が大幅に短縮できている。」「授業中にアプリを切り替えるだけで違う学習に移れるので、テンポ良く授業ができる。」といった声が聞けました。

 

子ども達はもちろんのこと、担当教員も大変喜んでおられ、私もとても嬉しい気持ちで一杯でした。

 

こういった質の高い授業の積み重ねにより成長した子ども達が、自らの持てる力をしっかりと活かしながら、社会の中で生き抜いていける力を育んでくれ、将来福山市を始め、各地域に貢献できる人材へと成長してくれることを心から願っています。

 

ヨシテックの平井社長、また社員の皆様に、改めて心から敬意と感謝をお伝えします。
子ども達のために本当にありがとうございました。

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。