本日は、福山市の成人式の式典に来賓としてお招きをいただきました。

2018.01.08 Mon
  • お知らせ

本日は、福山市の成人式の式典に来賓としてお招きをいただきました。

 

新成人の方々の振袖姿を拝見していると、父が生前良く話してくれた「袖振り合うも多生の縁」という言葉を思い出しました。

 

「知らない人とたまたま道で袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深いご縁である。人とのご縁はすべて単なる偶然ではなく、六道を輪廻して何度も生まれ変わる『多生』という考えの中、今のこの世の中である『今生』とは別の世の深いご縁によって起こるものであるからこそ、どんな出会いも大切にしなければならない。」

 

という仏教の教えであるこの言葉を何度も父は私に話してくれました。

 

人とのご縁の大切さを、父の教えを、新成人の方々から改めて思い出させていただき、大変貴重な機会となりました。少子高齢社会を生きる我が国にとって、それぞれの地域にとっても、日本全体にとっても、若い力が益々求められ、必要になり、重宝される時代です。

 

新成人の方々の若い力に心からの期待を込め、光り輝く未来を願い、式典に参列させていただきました。

 

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。