今日から会派での行政視察です。

2017.07.12 Wed
  • お知らせ

今日から会派での行政視察です。

本日は青森県八戸市へやってまいりました。

八戸市の「八戸市ポータルミュージアム はっち」にて、中心市街地の活性化策についての成果と課題を学ばせていただきました。

この「はっち」は、八戸市の観光と地域文化の振興、伝統の継承を図り、中心市街地の活性化を目的に、今から6年前に開館されました。

八戸市は人口23万人の都市であり、福山市の約半分の人口ながら、はっちには年間100万人近くが来館しています。

ちなみに、目的が違うので単純な比較対象にはなりませんが、福山市のまなびの館ローズコムは年間約76万人の利用者、リム・ふくやま(公共施設のみ)は年間約27万人の利用者です。

八戸市民の多くの方々にとって憩いの場や交流の場になっていて、また中心市街地の賑わいの創出にも大きな貢献をしているようです。

この施設ができたことで、長年空いていた周辺の商業ビルにも、テナントが入ったそうです。

しかしながら当然、施設の建設費用もかかりますし、毎年の維持費もかかります。

福山市の中心市街地の活性化策にこういった施設を用いていくためには、費用対効果も十分に勘案しながら進めていくことが、当たり前ですが、とても大切なことだと改めて感じました。

費用対効果だけでは計れない要素もありますが、次の世代へ決して負の遺産として残さないように、また今後も色んな勉強をさせていただきながら、乗り越えるべき課題は沢山ありますが、行政機関へ様々なアイデアを提言できるよう、今後とも引き続き活動を続けてまいります。

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。