第11回 福山はぐくみ研究会 公開フォーラム「発達障がいのある方への関わり方」のお知らせです。

2017.05.26 Fri
  • お知らせ
  • イベント
  • フォーラム
  • 福山はぐくみ研究会

福山市、福山市教育委員会 後援

第11回 福山はぐくみ研究会 公開フォーラム
「発達障がいのある方への関わり方」のお知らせです。

現在、各業界の喫緊の課題であると言われている「発達障がい」への対応。
文科省の発表で普通学級の在籍児童・生徒の内、6.5%(15人にひとりの割合)いると言われている発達障がいの子ども達。

しかし、数多くの教育関係者や医師や臨床心理士等と話をすると、実際に困り感を感じている子ども達はそんなに少ない数ではないと言われています。

10年先、20年先の福山市、そしてこの日本は、彼らが持っている能力を活かしながら、社会にきちんと根付けるような地域になっているのかどうかによって、大きく変わり、全く違う未来になります。

そこで今回、第11回目となる福山はぐくみ研究会公開フォーラムでは、パネリストに「福山市 保健福祉局 保健福祉部長」として、行政の立場からさまざまなご家族を支えてらっしゃる小野裕之さんと、「みどりのそよ風代表」として、音楽を通しての美と健康講座をされながら、発達障がいのあるお子様の保護者として子育てにおいて多彩な経験を持たれている藤本順子さんをお迎えし、本研究会の発起人であり、不登校の子ども達を受け入れている「東林館高校理事長」・喜田紘平がコーディネーターを務めパネルディスカッションを開催いたします。

今現在子育てをされているご家族も、これから家族を作っていく若い方々も、子育てを終えられたご夫婦も、子どもから大人まで、この福山の街を家族みんなに優しい街にしたいと願う皆様とともに学んでいきたいと思います。

お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日時:平成29年7月23日(日) 13時30分開場 14時開始 15時30分終了予定

場所:まなびの館 ローズコム大会議室

定員:150名

入場料:無料

発起人・コーディネーター
喜田紘平(東林館高等学校 理事長)

パネリスト
小野裕之(福山市保健福祉局 保健福祉部長)

パネリスト
藤本順子(みどりのそよ風 代表)

 

お申し込みは、チラシ内のメールか、ファックスにて御連絡をお願い致します。
多くの皆様のご参加を楽しみにしております。

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。