第16回 福山はぐくみ研究会 公開フォーラム 「今、” いじめ ” について考える」を開催させていただきました。

2019.04.22 Mon
  • お知らせ
  • 福山はぐくみ研究会

本日は、第16回 福山はぐくみ研究会 公開フォーラム 「今、” いじめ ” について考える」を開催させていただきました。

 

いつ目の前の子ども達がいじめの被害者や加害者になってもおかしくない、そんな世の中に我々は生きています。
しかしながら、そんな現状にも関わらず、「いじめ」について市民の方々と考える機会は、実はほとんど存在していませんでした。

 

そんな背景を踏まえ、誰かがそのテーマを真正面から取り上げ、みんなで考え合えるきっかけ作りをぜひ未来ある子どもたちのために、提案・提唱させていただきたい想いで実施をさせていただきました。

 

本日は、100名もの多くの方々がご参加くださり、「子ども達を被害者にも加害者にもしないために、我々大人に何ができるのか?」「何に気付き、何を学び、何をしていくことが求められているのか?」を共に向き合い、共に考え合いました。

 

今回ゲストパネリストとしてご登壇くださった、広島県教育委員会こころの相談室の教育相談推進員であられる佐藤愛先生、元公立中学校教諭であられ、現在は指定相談支援事業所ひまわりの相談支援専門員であられる中西和美先生という、お二人の先生方のお陰で、大切な子どもたちの命を守っていく、人生を守っていく、子どもたちの育ちを見つめ直していくために、大変有意義な時間となったと確信できる、そんなフォーラムになりました。

 

お二人の先生方、そして今日子どもたちの未来のためにお集まりをいただいた全ての方々に、心から感謝です。

 

すでに次回、第17回目となるフォーラムも企画しました。
これからも引き続き、子どもたちの未来のために、活動を続けてまいります!!

 

皆様からのご意見・ご感想をお待ち申し上げております。